目の健康の為にできること【老眼予防は毎日続けることがとても重要】

生活環境を見直そう

メガネ

発症を遅らせてくれます

老眼は40代半ば過ぎからピントが合わせに眼精疲労が伴ったり、近くのものが見えにくくなり始めます。始めのうちは自覚症状が少なく、日頃の忙しさから来るものと考えて対策を講じないと、老眼の程度が強くなる場合があります。老眼が始まる前から意識して生活習慣を整えておくとよいでしょう。老眼予防には規則正しい睡眠時間が必要となります。夜間寝る前にパソコンやスマートフォンを見ていると、画面から生じるブルーライトにより視神経が刺激され、睡眠障害を引き起こすケースがあります。寝る直前には目を休め、就寝中に視神経に過度な刺激を与えないようにしましょう。また、乱れた食生活を改善することも老眼予防に必要です。眼球の裏側にある黄斑部を守ってくれるルテインは、白内障を回避する成分も含んでいて眼病予防にも最適です。ルテインはセロリやほうれん草、ブロッコリーといった緑黄色野菜に多く含まれています。また、ブルーベリーや黒豆、赤ワインに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、眼精疲労や視力回復に効果があり老眼予防にも向いています。その他にも、ビタミンAやビタミンB2は皮膚の粘膜を正常な状態に維持する成分で、細胞の再生能力があります。特にビタミンAは不足すると夜間に物が見えにくくなる夜盲症になる場合もあり、定期的に摂取したい成分です。ビタミンAやB2はウナギやレバー、牡蠣に良く含まれています。コエンザイムも老眼を始め老化予防に役立つ成分といえます。これらの成分を含む食材やサプリメントを上手に取り込んで、自分の眼の健康に気を付けていきましょう。