目の健康の為にできること【老眼予防は毎日続けることがとても重要】

生活習慣の改善をしよう

メガネ

休息は必ず取ろう

老化現象として近くのものが見えにくくなる老眼は人によって進行度合いが違います。日頃から健康を意識して生活している人は老眼の発症が遅く、ストレスを溜めることが少なくなります。老眼を今のうちから予防するためには生活習慣の見直しから始めましょう。寝る直前にスマホやパソコンに触れていると画面から生じるブルーライトの影響で網膜や視神経に刺激を与え、睡眠障害に繋がったり、朝起きても疲労感が残ったりする場合があります。就寝前のリラクゼーションが大切で、老眼を予防するためには充分な睡眠と眼に刺激を与えないよう努力が必要です。また、食生活の改善も老眼予防に繋がります。眼に必要なアントシアニンやビタミンを摂取すると、目の粘膜を守ってくれたり、夜になるとものが見えなくなる夜盲症予防、眼病対策になります。ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜や鰻、レバーなどを意識して摂取してみましょう。眼精疲労や老眼軽減の手助けしてくれます。睡眠や食事だけでなく日頃から適度な休息を取ることも忘れてはなりません。どんなによいものを食べていても眼を使いすぎていては眼の機能が衰えていきます。老眼は水晶体に付いている毛様体筋を動かすことによって近くのものにピントを合わせています。長時間近くのものを見続けていると毛様体筋が固くなり、スムーズに動かなくなることから老眼の症状が現れていきます。適度に休むことで毛様体筋の負担を軽減させ、いつでも動きのよい眼でいたいものです。